最新情報


『きもの番長オリジナル半衿WEBSHOP』
 @はいかる糖花ネットショップさんに委託しております
~2017年3月中旬

新刊「きもの番長2コーディネートレッスン編」
 祥伝社より、発売中!

きもの番長がアジア版「和服系乙女」発売中!
 中国語版が台湾の出版社から、台湾、香港、マカオ、シンガポール、マレーシアで発売中!

KIMONO姫vol.13(2015年10月30日発売・祥伝社)
「きもの番長」として8ページ特集されています。詳しくはこちらへ

■雑誌「望星(毎月15日発売)
頭木弘樹先生の連載「落語をきいてみたけど面白くなかった人へ」 の
タイトルと、挿絵を毎月描かせて頂いてます。

■松田恵美  イラストサイト Twitter Insta FB ニュースレター ラインスタンプ


お伊勢まいり~外宮編~

お伊勢まいりしてきたけんね~って、なんでお伊勢まいりかと言うと・・・
お伊勢本jpg
仕事で、「はじめてのお伊勢まいり」の本の装丁と各章の扉絵を描かせていただいたから、
こりゃー、ご挨拶に、いかんといかんやろー!(o≧∇≦)oo(≧∇≦o)と思って!

ちなみに、表紙は「お伊勢まいり」が流行った江戸時代を設定した絵です。
この頃の旅のスタイルは、きものの上から、ゆかたを羽織って、腰ひもで結んで、
ほこりよけにしていたそうです!(◎o◎)江戸時代、砂埃とか凄そう!
・・しっかり、本を読んで、予習して(w

先ずは外宮に行ってきました!
伊勢神宮は、外宮と正宮が二つあって、昔から、外宮にお参りしてから、内宮に行くのが順番!
地図を見ると外宮は表参道と北御門と入口が二つある・・・・なんでかな(?_?)って思ったら、
歩いて参拝した時代は、北御門が正面口で、明治に伊勢市駅が出来たので裏参道になったんだって~
弥次さん喜多さんはそっちから入ったらしい(w)
01外宮入り口
外宮では、左側通行!理由は、簡単で、手水舎が左にあるから(w
(内宮は、右手に手水舎があるから、右側通行)
火除橋の真ん中にしるしは、神様の通る道ですよー。

手水舎で手と口を清めて、一の鳥居、二の鳥居を潜ると、
ディープな森林が広がっていてかなり気持ちがいい(*´∇`*)
先ずは御正殿へ、衣食住、産業をつかさどる神様「豊受大神さま」に、ご挨拶!
01外宮ご正殿
そして、豊受大神さまの荒御魂がおまつりしてある別宮多賀宮へ!
(神様の魂も、和御魂、荒御魂とあって、ゆったりした時は和御魂、強い決断、活性化するのは荒御魂で
別宮多賀宮には荒御魂がおまつりしてある。)
続いて、土宮、風宮へ!どのお宮も、作りがプリミティブで力強く、美しいです!

01亀石 04亀石2
多賀宮に行く途中の川の橋になっている亀石と本物の亀vかわいいvv

05木
ここには、こんなに大きな木も沢山ある!( ̄□ ̄;)!!立派

06勾玉池
最後に勾玉の形をした勾玉池で休憩をしてランチへ♪
外宮はとても爽やかで気持ちがいい所でした(o・v・o)

ランチは外宮から歩いて5分くらいにある伊勢うどんで有名な「中むら」へ
07伊勢うどん
初めて見るショッキングなルックスと、やわやわな麺に最初はドキマギしましたが…(((( ;゚д゚)))アワワワワ
出汁と醤油が美味い(*´∇`*)
そして出されたお茶も美味しい!

やっぱり水が違うんだな~ &キレイなんだな~と納得しつつ、
次は、バスに20分くらい乗って、今日の宿「神宮会館」へ♪(外宮と内宮は四キロ離れてる)
ココは、内宮まで徒歩5分。お伊勢まいり専門の宿みたいなものなので、
伊勢神宮早朝参拝の案内もあって、お伊勢まいりには、かなりオススメです!

宿に荷物を置いて、次は、神宮会館から徒歩10分、
みちびきの神様『猿田彦神社』と同じ敷地にある芸能神様『佐瑠女神社』へ
自分の絵の精進と仕事の事などでお参り!
猿田彦神社
アドバイスを下さい!念を込めてと、おみくじを引くと、ズバッと書いてました…
ヤッパリという結果だったからかなりドッキリしました~(´Д`;≡;´Д`)丿

内宮には明日の早朝に行くので、最後に、おはらい町とその中にあるおかげ横丁に探索へ
08おはらい町
昔の日本家屋の町並みが美しい~
綺麗な町並みは、他にもあるけど、綺麗で今も使っていて、
これだけの活気がある町並みはなかなかないと思う!(o≧∇≦)oo(≧∇≦o)
この町は、海外からきた方にもかなりオススメ!

09おはらい町籠
乳母車のレンタルサービスもしているという徹底振り!
(おはらい町入り口飲食店「帆風(ばんぶー)」で、1日フリー(10時~18時)800円でサービスしている
 そうです!赤ちゃんにも、お母さんも人気なそうなので、お母さんにオススメですv)

便利な「ご朱印巡りきっぷ」にセットで着いてた「赤福引換券」を使いに、赤福本店へ!
10赤福入り口 12赤福
本店前は大繁盛!入口でお茶用のお湯を大釜で沸かしていて凄い熱気!
店の奥に行くと、縁側と座敷、テーブルがないので好きな所に座ると、
タイムスリップしたみたいで、気分は昔の旅人気分♪

13赤福と五十鈴川
縁側に座って、五十鈴川を見ながら赤福食べる~最高!

さすがに、夕方には歩きつかれて、ヘトヘトに・・ ~(;´Д`) ハィヒァ~

宿に戻って、晩御飯!伊勢醤油は美味い!
全体的に味が濃いけどくどくない!かなり私好みでした
伊勢海老などのメジャーなものから、
鮫たれや、あわびなどの神様にお供えする珍味までバラエティー豊富でしたv

鮫たれは、伊勢の郷土食で古代以来の「塩干し」大正から「みりん干し」があるそうです。
鮫は、古名を「鰐(わに)ともいい古事記など神話にも登場!
神官の祭典では今も「塩干し鮫たれ」をお供えするそうです!(◎o◎)知らなかったけど美味しかった

神宮会館の料理は、全体的に美味しかったです(*´∇`*)
宿は意外とハイテクでどこでもネットができる無線LANがあったり、
神宮と遷御の展示コーナーがあったりといい感じ(w

明日は早朝ガイド付きの伊勢神宮早朝参拝だから早く寝なきゃ…
↓励みになるます!応援ポチッと宜しくお願いします! 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
↓こちらもポチッと押して頂けると嬉しいです!(*´∇`*)        
人気ブログランキングへ
次はいよいよ、内宮へ!

テーマ : 着物・和風小物 - ジャンル : ファッション・ブランド

2009/09/26 11:22 | このマンガの含まれるカテゴリ:オススメの旅TRACKBACK(0)  | 頁の最上部へ