最新情報


『きもの番長オリジナル半衿WEBSHOP』
 @はいかる糖花ネットショップさんに委託しております

新刊「きもの番長2コーディネートレッスン編」
 祥伝社より、発売中!

きもの番長がアジア版「和服系乙女」発売中!
 中国語版が台湾の出版社から、台湾、香港、マカオ、シンガポール、マレーシアで発売中!

KIMONO姫vol.13(2015年10月30日発売・祥伝社)
「きもの番長」として8ページ特集されています。詳しくはこちらへ

■雑誌「望星(毎月15日発売)
頭木弘樹先生の連載「落語をきいてみたけど面白くなかった人へ」 の
タイトルと、挿絵を毎月描かせて頂いてます。

■松田恵美  イラストサイト Twitter Insta FB ニュースレター ラインスタンプ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | このマンガの含まれるカテゴリ:スポンサー広告  | 頁の最上部へ



お伊勢まいり~内宮編~

早朝6時半!伊勢神宮早朝参拝!o(≧∇≦o)
神宮会館の神職さんが内宮を案内するサービス(無料)に参加してみました!
01内宮入り口
朝の内宮は、人気もなく静かで、力が強く、とても神秘的!
行くなら、早朝がとてもいいです!

五十鈴川の水が透明でとても綺麗!魚や大きな鯉がたくさん!(o・v・o)
02五十鈴川
今日は天気がいいので、手水舎じゃなくて、 五十鈴川で手を洗って、手を清めました!
ちなみに口は、直ぐ近くにある瀧祭神の社で「祓い給え清め給え」と3回唱えて、言霊で清めます。

ガイドの神主さんが教えてくれたのですが、 御正宮にお参りする前に瀧祭神様にお参りすると、
天照大神様に取り次いで下さるそうです!(◎o◎)これは私の持っている本にはかいてなかった~!

御正宮の手前にある、御贄調舎で、お祭りの時にお供えするあわびを調理する儀式をするそうです。
「冬は、あわびを生で、夏は、干して、とあわびのバリエーションが一番多いから、
きっと、神様は、あわびが好きだと思います」と ガイドさんが話していた(w あわびおいしいもんねv

03御正宮
そして、メインの御正宮へ!
ここでは、あんまりペラペラ喋らず、静かにご挨拶します。

04荒祭宮
次は荒祭宮へ!ここで、具体的なお願いをします。
敏感な人は、気が強すぎて倒れるみたいです。 私は平気でした(wエヘ
(写真の右側は、20年に1度建て変える「式年遷宮」のスペースです。次は、4年後平成25年!
 宇治橋は、その4年前、平成21年なので、 丁度、新しく建て変えてる真っ最中でした。)

05神鶏
境内で思いっきりいい声で鳴いてるは、神鶏(しんけい)。
天の岩戸開きの時に、最初に、鶏を鳴かせて、天照大神さまの気を引いたそうです!
そして最後に、風日祈宮へ 行きました。

ちなみに、大きな木に、竹が巻いてあるのは、
木の皮を剥いで、記念に持って帰る人間除けらしいです!
木が弱るから、木をめくって持って帰らないでくださいと神主さんが困ってました。(><

神職さんから、内宮の詳しい説明と、手水の作法、礼拝の作法を習えるので、
初めての方にはオススメ(☆o☆)
私もなんとなくは、知っていたのですが、正式なやり方を
直接教えてもらったので、とてもよかったです♪

そして今日の11時から「神宮神楽祭」!待ってました!(o≧∇≦)oo(≧∇≦o)
実は、祭り好きな私は、これを見たくて9月に予定を組んだのでした!
06舞楽1
最初の曲目は、振鉾(えんぶ) この踊りで舞台を祓い清めます。

06舞楽2
続いて、加陵頻(かりょうびん)
極楽に住んでいる鳥、迦陵頻伽が美しい声で鳴き舞を遊ぶ踊りです。
06舞楽3
踊り手さんは、「舞女(まいひめ)」と言って、18~23歳の巫女さんです。
募集がある時は、全国から、参加があって、人気があるのでとても倍率の高いそうです!
06舞楽4
美しい~(*´∇`*)ホワワ~ン

06舞楽5
そして、三番目は、貴徳(きとく)・・
最後の一曲、長慶子(ちょうけいし)を残して、
31℃の炎天下の中、日傘もできす…(´・ω・`)30分でギブしました!

丁度、11時半から春の神楽、秋の神楽の年に二回しか公開の神宮茶室を見学してきました!
これは、偶然だったので、とってもラッキーでした(*´∇`*)
07茶室 07茶室2
この茶室、松下幸之助さんが、10億円かけて作ったお茶室なんですよ !( ̄□ ̄;)!!スケールが大きい!
右は、表庭の池から、真の棟。

07茶室3
茶室の源流である四畳半席・霽月。

07茶室4
裏からみた東の間、西の間。
とても素敵な茶室でした~心が和んで、よかったですv

茶室を見終わると、近くで、
無料で振る舞っているお抹茶と神饌の一つであった生姜糖をいただく。
07茶室5
お茶がおいしい~(*´∇`*)アハ~と思っていたら、
京都から持ってきた時間の経っていないフレッシュな小山園のお抹茶なんだって!
お菓子の生姜糖はかなりパンチのある味でした!お抹茶とあう!

休憩したら、二見浦参道へ!
08二見興玉神社
二見興玉神社の鳥居は、白乳色に、少しピンクを足した綺麗な色(o・v・o)

08夫婦岩
有名な夫婦岩!境内には、「無事カエル」から、カエルの置き物が沢山!
カエル好きにはたまらないかも?

今日は、朝から、フル稼働だったので、後は、宿に帰ってまったり~しました(w
↓励みになるます!応援ポチッと宜しくお願いします! 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
↓こちらもポチッと押して頂けると嬉しいです!(*´∇`*)        
人気ブログランキングへ
次回のお伊勢まいりレポートは、最後は伊勢グルメ!

テーマ : 着物・和風小物 - ジャンル : ファッション・ブランド

2009/09/28 10:35 | このマンガの含まれるカテゴリ:オススメの旅TRACKBACK(0)  | 頁の最上部へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。